--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.21

さよなら。

電話が終わると彼は怒りに満ちた表情で帰ってきました。
アタシがかけたマフラーなんか気にも止めないくらいに。


その電話の相手は

9ヶ月前に別れた恵サンの元カノさん。


「今、好きな人がいるし、その人と一緒に居るから電話は掛けてこないで」
と恵サンはその元カノさんに言ってくださったらしいんですが、



「キチンと別れたわけでもないのに
他の女と一緒に居るってどういうこと?
また裏切るの?

どうせもうヤッてんでしょ?
アンタはいつもそうやって手が早いんやから。」
等…
延々罵倒を浴びせられたらしいです。


アタシの事も悪く言っていたらしいし、
恵サン自身も相当悪く言われたらしく
怒りと悲しみで彼は放心状態でした。


「元カノの時だって裏切ったことなんてないし、
それやのになんでそこまで言われないかんとか…。」


そういって、今にも悔し涙が流れてきそうな切ない顔をしていました。



気分を変えるために車を走らせましたが
それでも幾度となくかかってくる電話。

もちろん、彼は出るわけもなく知らんぷりをしていましたが
それに加えてメールまで送ってきたらしく
着信音は鳴りっぱなし。


それでも何度もアタシを気遣ってくださって
「ごめんね、茱萸が一番悲しいよね。
ホントごめん。こんな嫌な思いさせて。」
と言ってくれました。


つらそうな彼を見ているのが辛くて
どうしたらこの状況を打破できるか考えていました。


そしてふと、キラキラ輝く星空を眺めながら

こう切り出しました。


「私たち一旦別れましょうか。アタシの存在があるから
元カノさんは嫌がらせしたりして邪魔しようとしてるんだと思います。
ここは一度あたし達は別れて、
元カノさんには『お前のせいでフラれたやんけ!』って言ってやりゃー良いんです。

このままじゃ、今夜だけじゃなく明日や明後日の
恵サンの仕事中にでも電話かかってきそうじゃないですか。
仕事終わって疲れてる上に、そんな嫌がらせが沢山来てたら
きっと精神的に辛くなると思うんです。キツいですよ。

だから、一度関係を清算してキレイさっぱりしてから
また、アタシ達始めればいいじゃないですか!



それに、アタシもまた考えたい事もあるし…。」



彼は黙って聞いていて、苦肉の選択と言わんばかりに
険しい表情でアタシの作戦をのみました。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://lily0205.blog48.fc2.com/tb.php/659-9d691419
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。