--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.25

真夏の世のユメ。

23日は夏フェスに行ってきました~★
もち、お一人サマ。


送迎付きのツアーのお陰で
着いた早々、酎ハイ片手に角煮おにぎり食べて
のんびり開演を待っていました。

始まると、もー皆踊りまくる!!!
あたしは夏フェス参戦だし
知らない曲が大半だったけど
ステージ近くに行って周りに合わせてノリノリ♪♪♪


the HIATUS良かった。細美サン…素敵だった。涙
感動して声すら掛けられなかった;号泣


そんな中で一人の男の子が
「あのー、バスツアーで来られた方ですよね?」
って、声かけてくれた。




ゆーすけクンっていう1つ年下の人。
Beat Crusadersとザ・クロマニヨンズ目当てで来たみたいで
夏フェスは何度か行ったことあるって感じの人でした。



「ひとりですか?僕も一人なんですよ。」ってな感じで
一緒に観る事になりました。


野外ライブだし、午前11時半~午後8時半までの長丁場だし
友達出来たほうが楽しいかな、なんて思ってたので
楽しくおしゃべりしながらライブを一緒に楽しんでました。


でも、時が経つに連れだんだん距離間が縮まってきて
レジャーシート広げて道具を置いてるトコから
ステージ近くへ行く時、自然に手を繋いできたり
頭ポンポンってしたり、腰に軽く手をかけたり…


あたしも酔いが回ってもいたし、日焼けでだるかったし
そんでもって彼はお茶買ってきてくれたり、汗ふきシートくれたりして
すごく優しかったから、あんまり深く考えてなくて。


そして帰りのバスの中、隣同士に座ったあたしたちは
初めのうちは稲佐山の夜景を見ながらお喋りしてた。


そうこうしているとMAXで体力消耗したあたしは
あくびが止まらず、バスの窓の方に首を傾けてウトウトしてきた。

すると彼は「ゴチンするよ?」と言ってあたしの頭を自分の肩へ乗せた。

そして頭撫で撫でしたり

小さい子供を寝かしつけるように、
あたしのひざをポンポン叩いたり

あたしの唇に指で触れたり

手を繋いだり腕を絡ませたりしてきて

ん・・・?って思いながらもアルコールの力も手伝ってか
睡魔で頭がボーっとしたままでした。


でも、最後には太ももを撫でてきたりして
明らかにこれは「・・・。汗」ってな感じでした。



そして、無事にバスセンターに到着し

彼はチャリで帰宅、

あたしは母が迎えに来るため、「バイバイ」しようとしたら
(というか、送ってこうか?って言われたケド話すり替えて断った。)


母の迎えが到着するまで一緒に待つよ!との事。汗
「ゆーすけクンの帰りが遅くなるからいいよ②」
って言ってたケド、食い下がってきてホント諦めてくれない;




結局一緒に待ってくれて、母が来る直前に




ふとした瞬間に抱きしめられそうになった。


もちろん、すかさずミュールの紐を触る真似をして
しゃがんでかわしたから未遂で終わったけど。





そのあと、お疲れ様&ありがとうメールが来てたけど
当たり障りのない言葉をいくつか並べて送り返し
その後はもう連絡しない事にしました。


彼にとっては、真夏の世の夢だったのかな。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://lily0205.blog48.fc2.com/tb.php/707-ae88a532
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。