--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.02

そして二人は

別れを告げた日はその後普通にバイバイしました。

「今まで通りの友達で居たい」と
彼に言われてメールも続けていました。


そんなある日曜日。


今度は平戸にドライブに行きました。


友達だって割り切っての約束だから
って思って。

平戸の海を見に行く予定だったからお弁当作って、
デザートにチーズタルト作って。


道の駅に併設された公園で
海を眺めながら2人でのお昼ご飯。

彼はおいしい②って何度も言ってくれて
すごく嬉しくて。





平戸大橋を望む展望所で車を止めて一休み。

愛車Passoは傾き始めた太陽に輝いてて

「やっぱり惚れ直すゎ~☆」って言ってたら


「俺も惚れ直しました。愛車もそれに乗ってる人も。」
って言われて、

「は!!??」ってなってたら

「茱萸サンですよ。」って。


やっぱりそんなに簡単に気持ちって消えないもんだよなぁ~って
軽く考えつつ、根獅子の浜海水浴場に到着。


そこは夕日が綺麗らしくて。
夕日までに時間があったからのんびりしてたら
彼から「俺…。やっぱり諦めきれないです。」

はっきりそう言われました。


「あたしのこと大事に居てくれますか?」
そう、聞く自分がいました。

「もちろんです。大事にします。」

「ホントに?」

「ホントにホントです。」










「…そしたら、ぜひこれから宜しくお願いします。」


「ってことは…」

「これからは、彼女として宜しくお願いします。」




こうして、1月24日(日)から
ちょっぴり遠回りもしたけど
あたしたちは晴れて恋人同士になりました。







とは言っても、問題は山積みだし

何より、17歳と22歳の6歳差。


相手が年下ってのは初めてなので
めちゃめちゃ戸惑いつつの毎日です。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://lily0205.blog48.fc2.com/tb.php/734-e4ab780d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。