--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.17

Yさんとあたし。

Yさん(30歳:銀行員)との出会いは1年程前。

あたしの職場の取引先だったYさんのとこの支店に
書類をお届けに行った時でした。

あたしはその時、
全く気に留めていなかったのですが

Yさんはあたしの事を
気に入ってくれていたらしく


でも彼は転勤になり、
そのまま疎遠に。





それから半年ほど過ぎた頃
Yさんが親友の中村さんと
呑んでいた時に

「最近、うちの支店に○○事務所の人がよく来るんだよね」

と、中村さんが話したところ

「あっ、あの可愛い人やろ?」  (←この辺、大きな間違い)

というノリから
Yさんが「あの子と呑みたい~」

と言い続けてたらしく、

中村さん → 一人目の上司にその話をする
(協力して下さいと頼むが「別の上司に言ってみれば?」と言われる。)

 → もう一人の上司の様子を1ヶ月ほど伺い、タイミングが合った切り出しやすい時に依頼。

 → 即効、うちの事務所に電話。

 → あたしに取り次がれる。

 → 「うちの行員の若手とご飯食べにでも行きませんか?」と言われ

 → あたしのケータイ番号を上司の方がメモに書き、それをYさんに渡す。
   (その週の金曜にあたしに電話。)

 → 予定が合わず、1ヶ月ぐらい過ぎた頃、合コン1回目
   (Yさんとあたしは一番遠い席に。あまり話もせず。)

 → その1ヶ月後、合コン2回目
   (またまた席は離れて一番話しにくい位置に)

 → 2次会でカラオケに行く途中「彼氏居るんですか?」と聞かれ「居ない」と言う。

 → 次の週の土曜、昼間に電話があり「今夜呑みませんか?」とお誘い。

 → Yさん・中村さん・めぐちゃん・あたし(ハンドルキーパー)の4人で呑む。

 → その2日後の平日の夜「声が聞きたくて」と電話があり、週末の呑みに誘われる。
   (「誰か誘いますか?」と聞いたところ、「2人っきりがいい」と言われる。)


続く。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://lily0205.blog48.fc2.com/tb.php/742-151e5855
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。